福岡市東区のみどりが丘動物病院は飼い主様と一緒に最善の診療を目指しています

午前 / 9:00~12:00 午後 /16:00~19:00
休診日 : 水曜日・木曜日
TEL 福岡県福岡市東区名子3-7-20
仔犬を家族に迎えたら 子猫を家族に迎えたら プレミアムカード 当院の賢い使い方 求人案内 交通アクセス
診療情報
こんにちは。今回のブログは看護師の稲永が担当させて頂きます。 1月下旬に入り、今年一番の冷え込みとなっています。 40年に1度の寒波が来ているとニュースで騒がれおり、福岡市に雪が積もるのは 本当に久しぶりな気がします。 病院から外を眺めていると、雪の中を子供たちが元気よく遊んでいたり、 わんちゃんがお散歩をされている様子が目に入り、気持ちがほっこり温かくなると同時に 「雪」という童謡の一節がふと頭を過りました。   『雪やこんこ あられやこんこ 降っても降っても まだ降りやまぬ 犬は喜び 庭かけまわり  猫はこたつで丸くなる♪』   子供のころ、雪が降ると兄弟で外に出て、雪だるまを作ったり、雪合戦をして、 寒い中でも夢中で駆けまわり、すごく嬉しかった記憶があります。 大人になると嬉しい気持ちはあるのですが、外に出るよりも こたつの中に入ってみかんを食べたい気持ちが強くなってしまいましたが、 雪にはしゃぐ子供を見るのは、やはり微笑ましいものです。   雪の中、お出かけされる際には、わんちゃんも寒がりな仔がいますので、 お洋服を着せてあげたり滑って怪我をしたり、 急激な温度差に驚いたりしないように十分ご注意ください。 また、猫さんは特にこの時期、おしっこのトラブルが増加する傾向にありますので 体調の変化に気を付けてあげてください。 飼い主の皆様も、暖かくしてから出かけられてください(*^-^*) 風邪や怪我、交通事故などのないよう、お体にお気を付け下さい。 DSCN6113